第4回
グリーンインフラ研究会セミナー
「人口減少時代だからこそEco-DRRで巨大災害に備える」開催のお知らせ

開催概要

■テーマ:「人口減少時代だからこそEco-DRRで巨大災害に備える」

日本は急激な人口減少、高齢化時代を迎えており、既存のインフラの維持、更新すら危ぶまれている。一方で、南海トラフ巨大地震を始め、数々の災害リスクが存在する。東日本大震災の経験も踏まえ、どのようにEco-DRRを活用し巨大災害に備えるのか、これまでの研究成果を紹介し、議論したい。

■講師:慶應義塾大学 環境情報学部 教授 一ノ瀬 友博 氏
慶應義塾大学 環境情報学部 准教授 大木 聖子 氏

※諸事情によりプログラム、発表者等が変更になる場合がございます。

■日時:2017年11月1日(水) 18:30-20:30

■会場:三菱UFJリサーチ&コンサルティング(MURC) 19階アネックス会議室
(東京都港区虎ノ門5-11-2 オランダヒルズ
森タワー)

■参加費:無料

■定員:30名

■参加条件:グリーンインフラ研究会会員であればご参加いただけます。
ただし、定員を超えた場合、参加できないことがあります。

※グリーンインフラ研究会の会員の方へ、メールにて開催のお知らせをお送りいたします。参加を希望される方は、お知らせに記載の参加登録フォームにアクセスして頂き、セミナーの参加登録をお願いいたします。

※本セミナーは会員限定です。セミナーへの参加をご希望の方は、まずグリーンインフラ研究会への会員登録をお願い致します(会員登録には、既存会員の紹介が必要です)。